野鳥

←ハイタカ(タカ目タカ科)
全長 雄32cm、雌39cm程度。
我が家の窓に衝突して、しばらく気絶していましたが、やがて元気に飛び立ったハイタカです。

アカゲラ(キツツキ目キツツキ科)→
全長 24cm程度。頭頂部が赤いのは雄。
雌の後頭部は黒一色。
ただし、幼鳥はどちらも暗赤色。

←ゴジュウカラ(スズメ目ゴジュウカラ科)
全長 14cm程度。頭を下に向けたまま木の幹を降りてくるのが特徴です。

コガラ(スズメ目シジュウカラ科)→
全長 13cm程度。

←ミヤマカケス(スズメ目カラス科)
全長 33cm程度。

シジュウカラ(スズメ目シジュウカラ科)→
全長 15cm程度。
ヤマガラと同程度の大きさです。

←シメ(スズメ目アトリ科)
全長 19cm程度。
集団で餌台に飛来して他の鳥を寄せ付けずに食べています。

ヤマガラ(スズメ目シジュウカラ科)→
全長 14cm程度。
シジュウカラと同程度の大きさ。

←コゲラ(キツツキ目キツツキ科)
全長 15cm程度。
スズメぐらいの大きさの小さなキツツキです。

クマゲラ(キツツキ目キツツキ科)→
天然記念物、全長 46cm程度。
日本で一番大きいキツツキです。
ログハウスの軒天に、穴をあけられるなどの被害が出ています。

←アオジ(スズメ目ホオジロ科)
全長 16cm程度。
目先が黒いため、雄と思われる。

アカハラ(スズメ目ツグミ科)→
全長 24cm程度。
繁殖期は単独で行動することが多く、地上を数歩跳ね歩いては立ち止まり、ミミズなどを食べている。

←ツグミ(スズメ目ツグミ科)
全長 24cm程度。

エゾヒヨドリ(スズメ目ヒヨドリ科)→
全長 28cm程度。冬季に見られるのでヒヨドリの亜種、エゾヒヨドリと思われる。

←キジバト(ハト目ハト科)
全長 33cm程度。春から秋にかけて姿を現す。
庭先に姿を現すと春が来たと感じる。

キビタキ(スズメ目ヒタキ科)→
全長 14cm程度。写真はキビタキの雄。