支笏湖・富良野へ

2泊3日で洞爺支笏湖・富良野方面へドライブ、947Km走ってきました。
小樽からキロロリゾートに至る連続ヘアピンカーブも体験してきました。他にルートがあるのかも知れませんが、”リゾートに行くのにこんな道”とも感じました。

「よつば」が同乗していることやミニバンであることから、後続車に煽られ気味ながらではありましたが、”その気になって”走ることができたなら、さらに楽しい走りができたことでしょう。もちろん安全運転を心がけて。免許取得以来、無事故無違反が自慢のひとつでもあります。

本来は、寒くなる前に本年最後のオートキャンプを予定していたのですが、台風接近や天候不順の影響で見送りました。

”雨にも負けず、風にも負けず、そして冬の寒さにも負けない車”が欲しくなってきました。が、いつもよくしてくれるあの店に”そんな車”は売ってないし、 「そんなお金どこにあるの」と影の声も聞こえてくるので、しばらくは現状維持ということで・・・。

二日目の朝、たたき付ける雨の音で目が覚め、”途中断念か”と思ったのですが、日頃の心がけ(苦笑)が功を奏し、彼方に青空が見え始めたのでした。

支笏湖モラップキャンプ場を背景に。サイクリング中の若いお兄さんたちに”可愛い”と言われてご満悦の様子。

ポロピナイから風不死岳を背景に。

テレビドラマ「北の国から」のロケ地。富良野「麓郷の森」。家族で何度か訪れましたが、このたび入場料が必要になっていました。私たち夫婦にとって”北の国からのロケ地”というより、小さかった”子供たちと一緒に訪れた思い出の場所”というわけで入場はパスしました。

「ふらのジャム園」を経て麓郷展望台へ。

Mac OS10(10はローマ数字)で壁紙に採用されたことで有名になった美瑛町白金の「青い池」。小雨の降る中たくさんの観光客が訪れていました。
”火山泥流災害を防ぐため、美瑛川本流に複数建設された堰堤のひとつに水が溜まったもの(出典:wikipedia)”と言ってしまっては洒落にならないか・スマン。

道の駅に併設された、無料のドッグランで運動不足を解消。マナーを守って利用したいものだと思います。
いつもの直売所で新鮮な野菜を仕入れて。
道の駅から直前に出発した車が、途中で事故に巻き込まれているのに遭遇。関係車両は多いようですが大事には至らなかった様子でした。が、複雑な気持ちで帰路についたドライブでした。