熱海温泉で親孝行

関東地方所在の”年季がかった我が家”を拠点に(16日から21日滞在)、19日から20日にかけて静岡県の熱海温泉で親孝行をしてきました。(私の両親には、家族揃っての墓参りで親孝行・・・)

名古屋から来た、90歳と84歳になる妻の両親を中心に、夫の仕事の関係で単独参加になり、”行き遅れた娘に見られてしまう”と心配していた長女、と二女夫婦が参加しました。

音頭を取ったのは、4年前の心臓カテーテル手術以来遠出を躊躇していた義母で、主治医から心配無用であると言われたことと、かねてから、孫娘と約束していた温泉旅行を、”元気なうち”(とても元気なのですが・笑)に履行しようと思ったようです。

それなりに年をとった両親と2年ぶりに再会した妻は、いつも電話から聞こえてくる元気な声とのギャップに少なからずショックを受けたようですが・・・。(年をとった娘を見て、親のほうが驚いたのではないか。との声も一部にありました・苦笑。)

両親の身体に移動の負担をかけず、かつ旅行感を味わってもらうための場所の選定や、部屋でゆっくり食事をしながら歓談できる宿選びなど、娘たちと相談しながら(文明の利器を駆使して・笑)計画・実行することができました。

元気に再会することを約束して笑顔の中で散会し、無事帰宅したとの元気な声を聞いてホッとした旅行でした。