紅葉を愛で温泉へ

2010.09.27-09.29
妻と二人でニセコ、札幌、そして洞爺湖と支笏湖の中ほどの山間、長流川沿いの北湯沢温泉に行ってきました。ニセコでは、(見ごろはこれからですが)紅葉が始まりかけていました。

全走行距離630Km、そしてニセコや、札幌の市街をカメラを担いでよく歩き、このところの運動不足を解消した旅でもありました。
ここのところ少し体重が気になっていました。が、よく歩いた分、よく飲んでよく食べたため効果は限定的かな・・・。


ニセコでは紅葉が始まっていました。


羊蹄山山頂は雲の中でした。

この場所(ニセコ町宮田)から見る羊蹄山は、初めての北海道家族旅行以来23年ぶりです。

札幌での宿泊は、すすきのにある、いつもお世話になっている東急イン。(メンバー料金とはいえ、大丈夫?と思うほど・笑、低料金で泊めてもらいました)
大通公園で”さっぽろオータムフェスト”を楽しんだ後、前回”家族で乾杯”をした、すすきのの居酒屋で、今回は妻と二人で乾杯です。

翌28日は、札幌ドームや北海道神宮で日本ハムファイターズのクライマックスシリーズ進出を祈願(もちろん家内安全も・苦笑)。
その後、強い雨の降る中を支笏湖等経由で北湯沢温泉へ移動しました。

6月にも宿泊した北湯沢温泉の、旧国鉄胆振線北湯沢駅跡地に建っているホテルにお世話になりました。
紅葉の時期には少し早い、つまりオフシーズンということもあるのでしょうが、ここもびっくりするような値段で泊まることができました。
その差額でということでもありませんが、ホテルの売店を始め複数の道の駅で、その土地の新鮮で安価な野菜をたくさん買いこんできました。車のトランクは野菜で一杯です。