火星と地球大接近

2003年以来15年ぶりに、火星と地球が5,759万Kmまで大接近。
次の機会は、2035年9月11日ということで、さすがに”十万億土”の遠くから眺めることになりそうな微妙な年代です。