ようやく冬らしく

今日は、二十四節気の一つ。暦の上で春が始まる日。立春です。暖房のきいた室内から窓ガラスを通して見る限り、”暖かそうな”陽射しが降り注ぎ春が来たようにも感じます。

節分の昨日、朝から雪が降り続きました。
午後から今シーズン2度目の雪掻きを、そして夕方、ささやかな豆まきの後に今一度の雪掻きが必要でしたが、幸いにして軽い雪で助かりました。

ようやく冬らしい景色になりました。平均すると30cmほどの積雪量の年が多いのですが、それに比べてまだまだ少ない雪の量です。