重たい雪が降った

重たい雪が降りました。
朝、いつものように”よつば”と連れ立って散歩に出かけました。いつもは嬉しそうに飛び跳ねて散歩をする”よつば”が、身体いっぱいに雪玉を付けて雪に埋もれたままになってしまうような重たい雪でした。

さすがの”よつば”も困った顔を向けていましたので途中から引き返し、除雪車が通った後であらためて散歩に出かけることにしました。

深さは30cmほどありました。
林業関係者が使用するという滑り止めのついたとっておきの長靴もご覧の通りです。

今年は積雪(降雪)が少なく、これも久しぶりに履いたら”重たく”感じます。
単なる気の所為か、それとも・・・。

いつもなら奥まで雪掻きをするのですが、さすがにこの雪は重く体力を消耗します。
よって、このたびは車を出せるように車庫と玄関の前だけ・・。”これで勘弁してやるかぁ”と。