キジバト子育て中(Part2)

野鳥

ゲストハウスアプローチの軒下で、キジバト(ヤマバト)が子育て中です。

1か月ほど前に子育て中であったキジバト(の雛)は、巣立ちを前にして、ほんの少しの時間、買い物で目を離した隙に、二羽ともヘビに襲われてしまいました。
気が付いて駆けつけた時には、残念なことに、こと切れていました。ヘビには逃げられてしまいましたが、敵は必ず取ってやると誓い丁重に弔いました。

親鳥が数日間、巣の周りを探すように訪れていたのが目に焼き付いています。

自然界では日常茶飯事のことなのだろうなとは思うのですが、我が家族を失ったようで誠に残念で仕方がありません。

 

妻と二人でため息をついていたころにまた巣作りを始めたのです。別の番でしょうね。きっと。見分けがつきません。
親の留守の間に、そぉっとのぞいたところ孵って間がないと思われる雛が二羽おりました。

 

7月12日の様子です。許可を頂いて(誰に?)そぉっと撮らせてもらいました。
中三日でずいぶんと鳥らしくなったでしょっ!。

 

7月15日の様子です。
時折、カラスの一家が周りを飛び交ったり、尻尾の短い黒猫がじいっと様子を窺ったりしているのを見ると、気が気じゃありません。可能な限り妻と交代で、それとなく見張りを。あぁシンド!。

 

今度こそ無事に巣立って欲しいと、万全を期してヘビの忌避剤を、あちらこちらに置いて。

 

 

 

近くで5羽のカラスの一家が飛び交っているので、カラス除けのおまじないを・・・。
釣りの投げ竿が役に立っています。

 

これも、効果があるか否かは少々疑問ではありますが、カラスは羽が触れるのを嫌うと聞いたので、親鳩の出入りの邪魔にならない範囲でネットとじゃま板を設置して。

 

↑野良猫除けと、↓キタキツネ等の野生動物除けの超音波発振器を設置(周波数が違うのです)。

 

そんな作業をしていたら、家庭菜園の動物除けのネットに蝉と抜け殻が見つかりました。
夏は来ぬ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました