黒松内でキャンプ

25日から2泊3日で寿都郡黒松内町にある「歌才オートキャンプ場 ル・ピック」でキャンプを楽しんできました。

”重い荷物を遠くまで運んでキャンプ”というのは許して欲しいのですが、オートキャンプは許容範囲です・苦笑。

ル・ピックは、2.2haの面積にバンガロー3棟、オートサイト27区画、フリーテントサイト(9張)が配置されており、バンガローとオートサイトには各区画に水道・流し台、直火スペースが設けられていました。
もちろんペット同伴が可能で、すぐ近くにドッグランもありました。
ル・ピックとはフランス語でキツツキのことだそうで、(そういえば)黒松内町のシンボルマークにはクマゲラがデザインされていました。

まずは、スタッフ24時間常駐体制の管理棟で受付を済ませます。教育委員会教育長名(町営ということでしょうか)の使用許可書や分別用ごみ袋、各種説明書と電源盤の鍵を受け取り指定サイトに進みます。電話予約時に希望サイトの有無を聞かれましたので指定もできるようです。

「よつば」同伴でしたので迷惑をかけないような場所をお願いしました。
平日ということもあり混雑することもなくゆったりとした環境でした。各サイト間のスペースに余裕があることと、サイトレイアウトも良く落ち着いたキャンプが楽しめるように感じました。

各サイトごとに水道、流し台、直火スペースが設備されていました。
都会の喧騒から逃れてのんびり焚火を囲み、”来し方行く末”(時間軸を表すので”きしかた”と読んでね)に思いを馳せるのもよし、バーベキューを楽しむのにも適しています。

流し台の下には、電源ボックスが設備され10アンペアまで利用できます。一部30アンペア利用可能のスペースもありました。

道路を挟んだ向かい側に”ブナセンター”がありました。”北限のブナ林”など黒松内の自然情報を得ることができるようです。
この一角にドッグランがありました。受付で300円を支払うと30分間貸し切りで利用できます。

行ってみて驚きました。”広いッ!”と・・・。これが貸し切り。

なだらかな丘になっていることもあり端が見えません。

初めてのドッグラン。当初「よつば」も戸惑っていましたが、やがて花粉で黄色になりながら走り回っていました。