パソコン整備作業

ソフトのバージョンアップと日常使用するプリンターを変更したことで、宛先郵便番号の印刷位置調整に手間取りましたが年賀状の準備もゴールが見えてきました。

そこで、新年を迎えるにあたり年末恒例のパソコンの物理的大掃除と、NAS(Network Attached Storage)を含めたシステムの”ごみ掃除”等の整備作業を実施しました。

また、バックアップソフトAcronis True Image 2020のアップグレード版(同2013と2014からアップグレード)を導入して、Acronis True Image 2016(3ライセンス)と同2020(4ライセンス)にAOMEI backupper Pro生涯アップグレード版(2ライセンス)を組み合わせて、バックアップシステムの見直しと再バックアップを取りました。

私にとって大切なデータ、意図的に消去することはもちろんのこと無くすわけにはいかないのです。
OSやアプリケーションは、お金を出せばどのようにでもなります。が、”データ”はそうはいきません。と、”関係者”に口が酸っぱくなるほどいつも言っているのです。

二重のシステムで万全の体制のつもりです。が、これで万全などというわけにはいかないこともしばしば経験します。

あわせて、Mac mini(Late 2014)の、256GB SSDを500GB(SAMSUNG 860 EVO)に容量アップと、Time Machine(バックアップ)用HDDを2TBに増量作業をしました。

取り外したSSD(256GB Transcend TS256GSSD370S)は、手のひらサイズのベアボーンキット(Intel NUC DN2820FYKH)に転用することにしました。

     

CPUがCeleron N2820(Bay Trail-M)と非力なPCですが、AmazonのPrime Video鑑賞用にでも使いましょうかネ。内容によっては”観賞”かな?。