テザリングを活用

出先でもウェブサイトの更新ができるように設定を変更しその動作を確認しました。
複数個所のいわゆる”ドットエイチティアクセス”を変更し、必要に応じアクセス制限を変更・緩和するようにしたものです。因みにリダイレクト設定等も当該ファイルで行っております。

「田舎暮らし的生活」ウェブサイトは、とある通信会社のサーバをレンタルして運用しており、セキュリティの観点から自宅回線以外から管理画面へのアクセスを制限しております。
つまり出先からのウェブサイト更新ができない設定になって(して)おりました。

設定変更も、始めてしまえば大したことでもないのですが、確認作業が面倒に思えて一寸延ばしにしておりました。

無制限にどこからでもアクセスできるのも少々問題があるし・・。と言うことで、北海道の我が家と、今は娘夫婦が住まう”年季の入った我が家”と、そして、オートキャンプ場等からはテザリングを活用して”スマホ”から。と、少し間口を広げました。
利用状況に応じて、複数のドットエイチティアクセスファイルを用意しておいても良い、と。
(複数の”.htaccess”を同時に配置するという意味ではありません。念のため)

”自宅以外からのアクセスはスマホから”でもよいのですが、データ使用量(料)を考慮するとできるだけ少ない方がいいかなぁと・・・。

あぁそうそう、このためにスマートフォン導入しました。モバイルWi-Fiルータ等の通信機器でもよかったのですが、利用機会と費用対効果を考慮して”スマホ”にしました。
これを機会に”ガラケー”から乗り換える予定でしたが、ガラケーの手軽さも捨てきれず当分の間ダブル運用です。

”ノートブックパソコン”と”2in1PC”でテザリング接続試験中です。

通常は、”2in1PC”をタブレットとして、妻の買い物待機中などの動画鑑賞や情報収集用として使用しています。

スマートフォンをテザリング設定しWi-Fiルーターとして使用中。

従前使用していた矩形波インバータから正弦波インバータ(300W)に変更、主にポータブル電源の走行時充電に使用しています。