ギフト券購入顛末

キャンピング車中泊用電源として、サブバッテリー電源システムをあれやこれやと検討して参りました。
電源取り出し用ケーブルや安全回路、サブバッテリーはどれにしよう、走行充電器はどれにしよう等々練りに練ってきました。が、どこかに迷いがあったのでしょうね。と、”都合の良い”自己分析。

本日、とある通販サイトを見ていたら”大容量ポータブル電源”が約10%OFFになっていたのを見て、(ゆくゆくは太陽光パネルと組み合わせることも頭の片隅に置きながら)思わずポチッと・・・。
これで、先に購入したものと合わせて大容量ポータブル電源2台で運用することになりました。

いざ支払いをしようとレジに進むと、ギフト券を購入すると”プライム会員限定”0.5%ポイント還元と出ているではありませんか。
同じ支払いなら、わずかとは言えこちらがお得とばかりに回り道をすることになりました。

”ただいま注文の処理中で注文の確認が終了したら確認メールが送信されます。(ご丁寧に)通常5分以内に完了します。”と断り書き付きで注文確認メールが届きました。
しかし、1時間以上待っても注文確認メールが届きません。そこでカスタマーセンターに連絡確認すると”一度キャンセルをして再注文してください。うまくいくことがあります”との指示に従い再注文しましたが、今度もなしのつぶてです。
次なる指示に従いカード会社に確認すると、販売会社から購入支払いの通知が来ていないとのこと、与信枠には全く問題ありませんとお墨付きも得て・・・。

再度販売会社のカスタマーセンターに連絡すると、先ほどと違う外国人と思われる担当者が私の説明を聞いた後、(日本語で)”あぁそれは12時間かかります”と簡単に言うではありませんか。そこで、(心の中で)先に言ってよと思いながらギフト券購入をキャンセル。

ギフト券購入審査に、クレジット会社が時間をかけるのは(時節柄)理解できるけど販売会社が何でこんなに時間がかかるのか理解できません。被害にあったとき双方において応分の負担をする取り決めでもあるのしょうか。

購入品を決めてからギフト券を買うというのも本来の趣旨とは違うんだろうなぁ、わずかなポイントに惑わされ、かかった時間がもったいなかったなぁ・・・。と思った次第です。

余談ではありますが、+81の国別識別番号をつけているのに何で英語でかかってくるんだろう?。”Japanese only / please”と、話の流れから”日本人以外お断り”などと間違った伝わり方をしないだろうねと、気を使いながら言わされるこんなことにも”大人の対応”をしながら今日は少々腹が立つ・苦笑。

調べてみたら、5万円以上のギフト券購入には確認に時間がかかり、2万円と3万円に分けて購入すると良いなどの情報がありました。これもご時世かな?。

せめて、”通常5分以内に完了します”は余計だし、細かい時間の通知は無理にしても”時間がかかることがあります”でしょ?。

電源システムの詳細は、いずれ「キャンピング」で。