迷惑メールに注意

アマゾンの名をかたり「お支払方法の情報を更新」や「Amazon口座が違反していますので、本人認証をお願いいたします」等々、手を替え品を替えスパムメールが着信します。
当然その手は食いませんのでリンク先の内容は確かめてはおりませんが、おそらく個人情報やカード情報を聞き出そうとアプローチしてきているものと思われます。

件名も本文も日本語表記としては少々おかしいのですが、昨今テレビ番組においてのアナウンサーの発言でさえ、”昭和の時代に教育を受けたおじさんとおばさん?”が揃って首をひねるような表現が少なくないご時世、特に”てにをは”などは、ひねるどころか首が一回転してしまいそうなことばかり。おかしくないといえばおかしくないのかもねぇ・・などと、少々脱線。

国別コードトップレベルドメイン[ccTLD(country code Top Level Domain)]から、表示されているアドレスが正しければ、中華人民共和国からのアクセスと思われます。
うっかり地雷(リンク)を踏むことなく、万が一踏んでしまっても個人情報を入力することがないように気をつけましょうネ!。

メールに貼られているリンクをクリックすることなく、いつもアクセスしているAmazonのウェブサイトに直接アクセスし、念のためアカウント情報を確認しても何ら問題がなかったのは当然のことです。

セキュリティソフトを利用して迷惑メールフォルダに振り分けてしまえばよろしいのですが、私の場合は、”スパムメールが着信している”そのことがとても気になり許せないのです。
そこで、Amazonのアドレスを即変更するとともに旧アドレスを削除することにしました。

無制限でメールアドレスを作成できる環境にある事が幸いしていますが、こんなことを何度繰り返せばいいの・怒。