タラの芽の天ぷら

「田舎暮らし的生活」のささやかな楽しみのひとつ、自宅敷地でタラの芽が収穫できます。
本日、天ぷらにして旨い酒とともに我が胃袋に収まりました。
「田舎暮らし的生活」を始めてしばらくたったころに、敷地内にタラの芽(タラノキ)があることを発見し大事に育ててきました。
あるときは邪魔になるほど株が増えたり、また、草刈り時に刈払機で、うっかり倒してしまい数を減らしたりしながらも、毎年数度の天ぷらを楽しませてくれています。

-収穫が多くて、もう見るのも嫌になったときー
遠い昔、小料理屋で「珍しいものが入りました」と言われ、決して安くない金額でありがたく食していたのがうそのよう・・・。思い出します。
自生のタラの芽の頂芽は、「山菜の王」と呼ばれているようで、原則として頂芽しか収穫しません。
我が家の敷地では、成長が早く数年で大きく育ち、やがて新しい株に更新し世代交代しているように感じます。

tara161