ノートパソコンSSD換装

HP Pavilion x360 11-k017TUには、2.5インチ500GBハイブリッドHDDが装備されています。
日常のメールの送受信等には特段の支障を感じませんが、ハイスペックのデスクトップパソコンを使った後にこのマシンに向かうと、その処理速度の差を強く感じてしまいます。当たり前といえば当たり前で、またそうでなければある意味困るのですが・・・。
そこで少しでもストレス軽減を図るため、HDD(Hard Disk Drive)をSSD(Solid State Drive)に換装してみました。使用SSDは、256GBのTranscend TS256GSSD370Sです。

まずは、HDDからSSDにOSやデータを転送して。(実は、私の環境では一筋縄ではいかず、実際に正常動作をさせるために試行錯誤を重ねました。その過程は楽しかったのですが・・)

pavi1

本体底面のビスを外します。この機種は底面のゴム足(ヒンジ側の3ケ所)の中にもネジが隠されています。
分解は、多分保証問題にもかかわってくるものと思われますので注意が必要です。くれぐれも自己責任でお願いいたします。

pavi2

中間の細長いゴム足のここにも隠し(?)ネジがあります。

pavi3

樹脂製のオープナーでこじ開け、キーボードを取り外します。

pavi4

2本のフラットケーブルを外すとキーボード部が分離されます。右下にハイブリッドHDDがあらわれます。

pavi5

ハイブリッドHDDを取り外しSSDを取り付けます。

pavi6

ベンチマーク(HDD)                  ベンチマーク(SSD)

ベンチマークを測定するとその差は歴然としていますが、全体としての印象は、結構な費用をかけて、あえてハイブリッドHDDから変更するほどのパフォーマンスは、少なくとも現時点では感じられませんでした。
でも、消費電力の違いでバッテリー稼働時間に好影響を与えることと、HDD作動時の物理的ショック配慮(原状でも落下を検知してHDDヘッドをセーフティゾーンに退避させる仕組みになっているようですが)への軽減に期待できるかな?。