物置から出た青春

不要なものを少しずつ整理しようと物置を片付けていたところ、26年ほど前(から)、妻と夢中になり時間を見つけては通ったボウリング。その時のマイボールが出てきました。
道南のこの地に来ても、”続けられるものなら続けたい”と思い、運賃をかけて運んできたものですが、残念なことに、ご近所に肝心のボウリング場を見つけられず、いつの間にか沙汰止みになっていました。

熱狂的な第一次ボウリングブームは、とっくの昔に過ぎ去り淘汰されるものは淘汰され、それでも頑張っているところはそれなりに頑張っている頃だったでしょうか?。それともあれが第二次ボウリングブームだったのでしょうか?。

家族旅行の途中でもボウリング場を見つけると親子そろってボウリングを楽しんでいたことがあります。子供が小さい頃でしたのでマイボールを作る大分前のことだったと思います。
旅行中のボウリングで特に思い出に残っているのは、(当時のボウリング事情を表すように)残りピン表示灯があちこち消えていた赤平のボウリング場と、釧路幣舞橋の近くにあった(今でもあるのかな?)ボウリング場です。観光そっちのけでホテルに荷物を置いて一勝負し、翌日も朝から賑やかに一勝負した記憶があります。

作ったマイボールが妻と私で5個残っていました。凝り性の似たもの夫婦です。スコアは必ずしも道具だけではないのでしょうが・・。

昔からスポーツは苦手な方(”努力の人”とも言われました・苦笑)でしたが、練習次第で上達するのか、そもそも素質がなければだめなものなのか納得するまで頑張ろうと、もろもろの思いを14ポンド前後のボールに託し時間を見つけては投げたものです。

その努力が実り、オープンフレームなしに、スペアフレームも2つほどで、あとはすべてストライクゲームができたことを思い出します。それが後にも先にも私の経験したハイスコア。
努力次第でそこそこいけるじゃないかと。でも何故か試合になると勝てない私でした・苦笑。

当時、MS-DOS用表計算ソフトの主流だった、”Lotus 1-2-3”でスコア管理をしていたのですが、フロッピーディスク時代終焉とともに何処にか・・・。

ところで、”青春”とは、少々盛りすぎましたかね!。