鳴くよウグイス 

昨日の午後から霧が出ています。
例年この時期は、当地に”夏が来る前に夏が終わってしまう”のではないか。と、気がもめる季節でもあるのです。

温泉があり海があり山がありと変化に富み、冬は雪が少なく暮らしやすい良いところではあるのですが・・・。霧の出る日が多いこの季節は苦手です。
天気予報で「全道的に良い天気です」などと聞くと、「ここは北海道じゃないのか!」と(子供のように)突っ込みを入れたくなる季節でもあります・苦笑。

このような天候にも負けずウグイスが鳴いていました。内地(本州)では、春を象徴する鳥として知られていますが、北海道では今頃鳴くのか?。当地でウグイスの鳴き声そのものを初めて聞いたように思います。先ほどから、何故か頭の中で「鳴くよウグイス平安京・・・」。

つい先日、”かっこう”の鳴き声を聞き、鉢植えの植物をようやく表に出すことができると思ったところでした。当地に越してきた当時、春先の陽気に惑わされず、”かっこう”の鳴き声を聞いてからと教えられたものです。それでも堪えきれずに幾度となく失敗を・・・。性格だねぇ・・・。